« 雨になりました | トップページ | 卒業式の頃っか »

2010年3月 8日 (月)

月曜日っか

蕎麦焼酎の湯割りを呑むのにレジ袋から柿の種を引っ張り出して、今頃にふと思ったのは「そうか、チャイナ産なんだ」ということだった。
昔は柿の種の中にはピーナツ量が少なく、いつも柿の種だけが残り其のバランスを取るのを考えながら食べていたと書けば、大げさなと感じるだろうけど実際そうだった。
私だけがそうだとは限らず、知り合いも柿の種だけ余って無造作に置かれているのを度々見かけることがあった。
それが、いつからか忘れたように居たのは、安価なチャイナ産が手に入るようになったからだ。
千葉の良質の落花生は人件費も重なり高価にある。
食の安全と騒がれてから、包装には国内加工と大きく表示され生産国として見落とすような文字や位置に、中国とある品が多い。
医食同源という中国の薬食同源思想からのものですが、言葉そのものは日本人からという説もあります。
何にせよ、千年百年先を考えるという中国の大きさに畏敬を感じたものですが、食の安全を問われるようになるとは、なんとも寂しいことです。
落花生を原料にした焼酎があると知って長いけど、まだ呑んだことがありません。
最近では高価な品もありますが、昔は日本酒の価格が高く感じる方の酒であったはず。
私も呑むには呑むけど、日本酒より旨い焼酎を感じたことがありません。

池波正太郎氏の「銀座日記」を読むと、彼の知り合いも同年代が多いから訃報に関する話題が多く出てきます。
いま、レンタルCD店からの携帯へのメールが届いて、最近売り上げが落ちているのか頻繁に来るので先日に久し振りに行くと、レンタルだけではなく、バッタ屋みたいに雑貨が置かれて何が何だか分らないような店に変貌していました。
要らない情報ばかりなので配信停止としました。
京橋に行き入ったビル内で、何処の高校か団体で吉本観劇に来ていて、それに遭遇しました。
うちの息子も始業式にはシンフォニーホールだとかあったけど、楽しい頃ですね。
私の頃は映画だったか・・・
っと・・・なんでもない更新でしたね^^

|

« 雨になりました | トップページ | 卒業式の頃っか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨になりました | トップページ | 卒業式の頃っか »